Hey What’s Up!

 

みなさん、こんにちはサンダナのまぁぼです!

 

本日は海外旅行の入国審査時に使える英語に関してお伝えしていきます!

 

英語喋れないと海外楽しめないんじゃないの?

 

いいえ、全く持ってそんなことはありません!

 

ただ少しの言葉が話せるようになるとよりあなたの旅は楽しいものになること間違いなし!

 

私の初めての海外旅行先はタイだったのですが、今でも入国審査でかなり緊張したことを覚えてます。

 

ただ、皆さんご安心ください!この記事ご覧いただければ、初めて海外に旅行される方や英語が苦手な方は入国審査で緊張されることもなくスムーズに入国できます。

 

海外生活経験のあるまぁぼの経験のもとお話していきますね!

 

それでは、Let's get started!
 

目次

入国審査の流れ

まずは空港のイミグレーション(入国審査)の流れに関してお話していきますね!

 

旅行本とかにだらだらと入国審査時に使える英語フレーズ!って書いてたりますが、正直聞かれたとしても1、2問ぐらいで特に会話なく終わることが大半です。

 

パスポートを渡して、審査官がパスポートと顔をチェックして入国スタンプを押す。こんな入国パターンがほとんどです。

 

ただ、経験談ですがアメリカやヨーロッパに行くと色々聞かれたりすることが多いかもしれません。先日ロサンゼルス行った際には所持金聞かれました。笑

 

お金ほとんど持っていなかったので恥ずかしかったです。。

 

また国によってはイミグレーションカード(入国カード)を書くことが多いのですが、ここベトナム(ダナン)には特に入国前に書くものはございません

 

ダナン国際空港に着いたら、すぐに入国審査上がありますここまで一本道で分かれ道もないので迷う人もいないでしょう!

 

イミグレーションの場所が写真が一切撮れないので残念なのですが、だいたいの国で下記のような表記が入国審査の場所に記載されています。

 

・citizens 国民

・residents 住民 (永住権保持者)

・permanent residents 住民 (永住権保持者)

・green card holders グリーンカード (永住権保持者)

・international visitors 海外からの入国者

・non-citizen visitors 国民・住民以外の入国者

 

私たちはもちろん外国人なので、international visitors 海外からの入国者のような表記のところに並びましょう!

 

今度ダナンに入国する際にどの表記に並べば良いかアップしておきますね!

入国審査時のよくある質問

さて、それでは本題の入国審査時の使える英語フレーズについてです!

 

まぁぼはダナンに何十回も出入りしていますが質問されたことは、、ないです!

 

ただ友人は数回でも質問されているのを見たことはあるので、緊張することなくサラっと答えちゃいましょう!

 

よくある質問1
  • What's the purpose of your visit?
    入国の目的は?
  • What's are you doing in Danang?
    ダナンに何をしにきましたか?
  • What are you here for?
    なんのために来てるの?

この質問が王道です、なんの目的でダナンに来たの?

 

冒頭にWhat(ワッツ)Purpose(パーパス)もしくはDoing(ドゥーイン)が聞こえたら「きたぁーーー!」と思いましょう。笑

 

よくある応答の代表例として、

 

回答例1
  • For vacation.
    観光のためです。
  • I'm here for vacation.
    観光のために来てます。
  • Sightseeing.
    観光です。
  • Visiting some friends.
    友達に会いに。

このあたりが比較的には代表的な回答になります。

 

I’m here for vacationあたりがサラっと言えれば、審査官も「こいつ英語できるやつじゃん」と思ってくれるかもしれません!

よくある質問2
  • How long are you staying?
    どのくらいいるんですか?
  • How long is your visit?
    滞在期間はどのくらい?

これも王道の質問です!

 

回答例2
  • 3 days
    3日です。
  • 1 week.
    1週間です。
  • 1 month
    1ヶ月です。

ダナンの場合は、ビザなしだと最長でも15日しかいれないのでmonthを使用することはあまりないと思いますが滞在する日数をここでは言いましょう。

 

How long(ハウロング)が来れば99%、滞在日数を聞かれてます!

よくある質問3
  • Where are you staying?
    どこに滞在されますか?

昔はよく聞かれていたことが多かったフレーズなんですが、最近は全くされなくなりましたね!

 

回答例として、

 

回答例3
  • At the Golden Bay Hotel.
    ゴールデンベイホテルに滞在します。
  • At my friend's house.
    友達の家に滞在します。

こんな感じでホテルの名前もしくは、友達の家に行くのならそう伝えましょう!

番外編

ベトナムではないのですが、海外に行くと顔写真と指紋を取られることがあります!

多いパターンとては、親指だけか親指以外の4本指の2パターンが多いですね。

 

その際に、

 

Press your right thumb on the pad 右の親指をパッドに押し付けてください。

 

と言われたり。ジェスチャーで指を出されたりしますので指定された場所に指を置きましょう。また帽子やメガネを外すように言われることもあります。

 

Take off your hat. 帽子をぬいで。

Take off your glasses. メガネをはずして。

 

その際はこのようなフレーズを言われます。

 

パスポート写真を帽子被ったまま撮られている方はいないと思いますので、最低限帽子を被っている人は脱いでから入国審査を受けましょう!

 

いかがでしたでしょうか?

 

正直、入国審査なんて聞かれることはほとんどないのいですが、聞かれた際に困らないように今回お伝えした最低限のフレーズは覚えてダナンに来てくださいね!

 

それでは、HAVE A GOOD TRIP!